dirtbox 56mm92a

4,320円(税込)

購入数

  • 在庫  在庫 10
イギリスのdirt boxから傑作ウィールが登場!
販売開始!


dirt box 56mm 92a
 径56mm、硬度92aと他には無いスペックで、こだわり抜いた1モデルでの販売になっています。ホワイトウィールにブラックコアと基本に忠実で、プリントもシンプルでコーディネートしやすいデザインです。

92aという硬さにもかかわらずEulogyウィールと同等以上のグリップ力があり、しっかりと使い込める珍しいアイテムです。Eulogyの56mmウィールが廃盤のため、56mmファンには嬉しいニュースです。

ウィールの接地面のオーバル(曲線)が緩く平たいため、地面と接地している面積が広く、安定感のある乗り心地はこのウィールの最大の特徴となっています。

硬さとウィールのオーバル(曲線)のバランスから、Rやバンクを踏む時に普段は意識しづらかった足裏の重心位置や癖に気づかせてくれます。地面を面で捉える安定感と意識しやすい足裏の重心は、初心者にも非常にコントロールがしやすく、スケーティングを再考する上でもお勧めです。

今までとはまったく違う、面白い乗り心地をお楽しみしてください。 ストリートからパークまで、幅広く安定した滑りを約束してくれるオススメのウィールです!

※4個1セットでの販売となります。

アスファルトでここまで酷使しても剥離しない。44mmのDynaアンチウィールと比較した写真


ウィールテストした感想
同じベアリング(Deeprot Black 9 Bearings)で、Eulogyウィール57mm89a ウィールと乗り比べた感想になります。

走りこんだ時のMAXスピードは、Dirtboxウィール56mm92aの方が若干遅い気がする程度で、普通に使っていたら気がつかないかもしれない程度でした。

グリップ力はEulogyと同等以上に感じましたが、ウィールの質は同等程度で、Dirtboxウィールの方が接地面が広いか分グリップは有利だった可能性があります。

オーバル(曲線)が緩く平たいため、通常は遅く感じて当然なのですが、Dirtboxウィールの92aという硬さや、グリップの良さ、コアとベアリング安定感が良いのでEulogyウィール57mm89aとの差をあんまり感じさせなかったと考えられます。

安定感と直進性はDirtboxウィールのが高いですが、カービングなどの小回りの効いた動きには、Eulogyウィールの方がスムーズです。

何より足の裏でピッタリと地面を感じられるDirtboxウィールの安定感は、重心の位置を意識しやすいので、初心者やスクールで教わる、教えるといった状況や、スケーティングを再考するにも良いアイテムになると思います。感覚的には『線と面の差がある!』と言ったら言い過ぎかもしれませんが、この不思議な感覚と面白さは、このウィールの最大の特徴だと思います。