GC Featherlite3 Black

9,200円(税込)

サイズ
購入数
  • 在庫  在庫 0 売切れ中

GC(GROUND CONTROL) Featherlite 3 Black
シンプルなデザインで軽さと耐久性のバランスが良いフレーム

 2014年にリリースの第3弾からロッカーリングがアルミに変更され、より快適なウィールの回転を可能にしました。コンセプトを”軽さ”に絞り作られたフェザーライト(Featherlite)フレーム。アンチウィールとシャフトの重さを含めて"208g"という軽さに十分な耐久性、シンプルなワンピース構造は今や常識です。また"42mm"軽量アンチロッカーウィール付きで9,200円(税込)と大変お得なフレームです。また、癖の少ない安定した操作性、デザイン性の高さも注目されて多くのスケートブーツすなので標準採用されています。このフレームはリピーターの多いロングセラーヒット商品です。
*注意: "208g"は、フレームSize1(S)全長275mmの場合。

スペック
・Size1: 全長275mm 208g(アンチウィール等込)
・Size2: 全長285mm 318g(アンチウィール等込)
*注意: 重さには、アンチウィールとシャフト、各スペーサー類も含まれています。

商品内容
・フレーム本体2本
・42mm軽量プラスティクアンチウィール4個
・アクセルシャフト8本
・8ミリ アルミ ラッカーリングスペーサー
・8ミリ アルミ ベアリングスペーサー
・UFSオスネジ4本
・ヘキザゴンレンチ1本

GC Featherlite 3 from Sunshine Distribution on Vimeo.


複雑な物は上手くいかない。
 今までの多くのアグレッシブインラインスケートのフレームは、激しい衝撃や摩擦に耐えられるよう全体が肉厚で重かったり、潰れたり削れたりする部分(フレームスペーサーやHブロック)を交換可能にすることで、複雑な構造になり接合部分で強度が落ちるなどの問題点がありました。

シンプルに必要なところに必要なだけ。
 軽さと耐久性のバランスを重視して開発されたフェザーライト3(Featherlite3)は、まずフレーム全体の厚みを抑えて軽量化し、次に激しいスケーティングで付加のかかる外枠やフレームの内側の支柱、グラインド等で摩耗しやすい場所には十分な厚みを持たせて強度も保っています。

シンプルな構造。
 フレームスペーサーやHブロック等の無い極力シンプルな一体型構造で"308g"という軽量化を実現。一体型構造なので接合部の脆弱性や面倒なパーツの交換もありません。最もシンプルで、軽さと耐久性のバランスが良いフレームです。

シンプルなデザイン。
 無駄の無い一体型構造からからくるデザイン性の高さからにどのメーカーのスケートブーツにも合わせやすく、カラーバリエーションも豊富なので気分やスケートブーツに合わせて好きな色をお選び頂けます。


軽くて詰らない、軽量プラスティクアンチウィール
 フェザーライト3(Featherlite3)フレームに付属の42mm軽量プラスティクアンチウィールはこのフレームの軽さを最大限に活かすよう設計されています。”軽さ”を活かすためベアリングを使用せずに最低減の回転を促すスペーサーに仕様に、また他社のアンチウィールと違いウィール素材ではなく、フレームと同じ素材を使用しています。そのためグラインドでカーブやコンクリートの縁石などにアンチウィールが詰ることは無くなるでしょう。


細部まで考えられたGCのアクセルシャフト
 フレーム外側に位置するシャフトの頭を鍵型にすることで六角レンチ1本で手軽にシャフトを外せます。グラインドでシャフトの穴が削れたり、スケートワックスやロウソクで穴が埋まってしまいシャフトが外れ無くなることはもうありません。


他社と比較して
 アンチロッカーウィールとシャフトを含めたフレームの総重量がSサイズ(Size1)で”208g”なので他社と比べて”軽い”といえます。
 フレームの全長はSサイズ(Size1)で全長”275mm”なので他社と比べると”長め”の設計です。そのため安定性や直進性に優れたフレームと言えます。
 他社と比べると少し柔らかめの素材が使用されていいてロイヤルやフルトークなどの横乗りの系のグラインドは、安定感のある適度な滑り心地がえられます。またフレーム中央の凹みが摩擦の接点を少なくしているので、ソールグラインド等の立乗り系のグラインドも十分な滑りがえらます。
*注意1: 商品にたいする比較や意見は周りのスケーターやSVWライダーから聞いた意見や感想を元に書いていおります。
しかし実際の使用感は人それぞれ個人差もあり異なりますので、本分は参考程度にお考えください。
*注意2: ワックスの塗れないパークでのグラインドは固い素材を使用したフレームをおすすめします。